インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

食生活や姿勢など、お口の健康を維持するには全身に気を配ることが大切です。

お口と身体の状態はつながっています。全身が健康であればお口は健やかに、逆に、どこかに問題があればそれは症状となって現れ出ます。そのため私は、全身の健康を考えて歯科治療を提供しています。

院内の内観についてこだわりのポイントを教えてください。

患者さまが落ち着ける院内を目指しました。白を基調にした、清潔な空間をご用意しています。そのおかげか、患者さまからも「きれいですね」などと言っていただくこともあり嬉しいですね。完全個室で、相談しにくいことも周りを気にせずに話せるような環境を整えることに気を配りました。

大西先生が考える「大西歯科医院」の魅力について教えてください。

お口を、身体の一部だと考えて診療している点が強みです。いくいらお口の中をきれいに整えても、全身が健康でなければ良い状態は長続きしません。そのため当院は生活習慣の改善や、姿勢の矯正、運動のノウハウまでアドバイスしています。
正常な位置から顎がずれると、身体の軸もずれて、歯ぐきに良くない影響を与えます。そのような方には、簡単なお口の体操法をお教えしています。お子さまが健やかに育つことができるよう、お手伝いさせていただきますので、お子さまのお口の健康でお悩みの親御さまもお気軽にご相談ください。

衛生管理の取り組みを教えてください。

器具は使い回しが起こることのないように、患者さまの治療ごとに滅菌された器具へ交換するようにしています。特に歯を削る器具には、専用の滅菌器を用意しています。直接患者さまの歯に触れる器具だからこそ、行き届いた衛生管理が必要だからです。
滅菌した器具はパックして保管することで、次に使うときまで清潔な状態を保っています。また滅菌器にかけられない器具は、なるべく使い捨てにできるものを採用しています。そして医療を提供する現場として、衛生管理に手を抜くことのないようにしています。

できるだけ痛くないように治療してほしいのですが、痛みに対してどのような取り組みをしていますか?

治療の痛みを抑えるために行う、麻酔処置の方法にこだわっています。当院が使っている麻酔器には、針がありません。これは麻酔液を高圧で吹きつけることで浸透させる器具なので、針を刺して麻酔液を注入しなくて済む利点があります。注射器に強い恐怖心をお持ちの方にも、おすすめできる方法です。
また、あらかじめ治療する部位付近の歯ぐきに麻酔を塗り麻酔がしっかり作用するまで時間を置くことで、感覚を麻痺させておきます。こうして、痛みを抑えることにも工夫を凝らしています。

Er:YAGレーザーの使用用途について教えてください。

歯周病ポケット内の洗浄、消毒・殺菌が主な用途です。レーザーを使うと、通常の器具では届かない場所の洗浄を効率的に行えます。
消毒・殺菌作用もあるので、ごく初期の虫歯ならレーザーで治療することも可能です。そのうえで歯の再石灰化をうながしていくことで、天然の歯をできるだけ削らずに済むように導いていきます。

インプラント治療を検討されている方に知ってほしいことはありますか?

始めにお伝えしておきたいことは、インプラントはあくまで人工物であり、永続的なものではないということです。そしてまず、しっかりした診査・診断が必要になります。そのため、インプラントが患者さまに合った治療法かどうかを判断させていただければと思います。生活習慣や全身の状態によっては、インプラント以外の方法をおすすめすることもあります。
当院は歯科用CTを用いた診査を行っています。この機器はお口の状況を詳しく調べられるので、より精密な診査・診断へと役立てています。手術が可能な場合でも、治療のメリット・デメリットをしっかりお話しさせていただきますので、最後は患者さまご自身が治療を選択いただければと思います。

スタッフの自慢できる点を教えてください。

患者さまの気持ちを、よく汲んでくれる点ですね。患者さまに合わせて、柔軟な対応をしてくれます。人を思いやる姿勢を大切にしているおかげか、院内は自然とアットホームな雰囲気になっているのかもしれません。受付で気軽に談笑できるような、穏やかな雰囲気を意識しています。