よくある質問

  • HOME
  • よくある質問

当院に寄せられるよくある質問にお答えいたします

Q

初めて来院する場合はどのぐらいの治療時間を考えればよいですか?

A

初診の方であれば、検査と診断をして、説明から処置に移る一連の流れを行うために、1時間ほどお時間をいただく必要があります。患者さまにご理解とご納得をいただくために、特に説明にはしっかり時間をとらせていただいています。

Q

痛みはないのですが、歯石が気になっています。クリーニングだけで受診することは可能なのでしょうか?

A

可能です。しかし初診時には、お口の検査を同時に受けていただくことをおすすめしています。歯と歯ぐきの状態を調べた結果で、必要な処置が変わることがあります。

Q

被せ物・詰め物が外れてしまった場合、持参した方がいいですか?

A

はい、お持ちになってください。治療をして元の場所に戻せるかどうかを試すことができます。また合わない場合でも、仮の歯として利用できることがあります。そのため、ご来院時にはどのような状態でもお持ちいただくことをおすすめしています。

Q

他医院で治療を受けていたのですが、事情があり間が空いてしまいました。こちらの医院で治療を受けることは可能でしょうか?

A

もちろんです。そういった方は多くいらっしゃいますので、どうぞお気軽にお越しください。

Q

セカンドオピニオンで受診することは可能でしょうか?

A

可能です。どのようなお悩みでも、お気軽にご相談ください。

Q

子供の歯の一部が黒く見えるのですがこれは虫歯ですか?

A

まずは状態を見ていきます。着色汚れの可能性もありますが、たとえ虫歯だったとしても、簡単には削りません。天然の歯は削らないで済むに越したことはないからです。お子さまの大切な歯を守るためには、経過を観察することも必要です。

Q

健康を保つためには、どういったところに気をつければいいですか?

A

お口は身体の一部です。そのためお口の健康と、身体の健康は深く結びついています。そしてお口の健康を保つには生活習慣や姿勢の改善といった、日々の積み重ねが大事です。まずは生活の中のちょっとしたくせに気を配ってみてください。

インプラント治療Q&A

Q

他院で骨が少ないのでインプラントはできないと言われたのですが

A

現在では骨の量を増やす骨造成治療があります。
症状により骨移植法、上顎洞挙上術、骨誘導再生術などがあります。

Q

現在入れ歯ですが、インプラントにするには本数も多く費用が心配です。

A

すべてインプラントにするのではなく、2本のインプラントにより入れ歯の不安定さがなくなり快適になります。

Q

喫煙者は不向きですか?

A

たばこのニコチンが血流を悪くしたり、歯周病の症状を悪化させる原因となります。

Q

完成までの空白の期間歯なしですか?

A

もちろん仮歯を作成します。

Q

年齢制限はありますか

A

骨の成長が止まる20歳~80歳以上の高齢者まで可能です。

Q

インプラントは体に悪くないですか?

A

心臓のペースメーカーや人工関節などに使われている体になじみやすいチタンを使用しています。

Q

インプラント治療後の注意は?

A

インプラントは人工歯ですが清掃状態が悪いと歯周病(インプラント周囲炎)になり、移植したインプラントがぐらつくようになる事もあります。
定期健診を受けて常に噛み合わせも含めたチエックが大切です。

Q

CTの放射線が心配です

A

歯科用CTの放射線量は低く医科用の1/24です。